ローマ人の物語(塩野七生著)(週刊新潮DM紹介)

■■重要■■
こちらの商品は受注発注品となります。
ご注文後のキャンセル、返品交換等はお受けできません。
予めご了承いただけますようお願いいたします。


■塩野七生(シオノ・ナナミ)/著
1937年7月7日、東京に生まれる。学習院大学文学部哲学科卒業後、1963年から1968年にかけて、イタリアに遊びつつ学んだ。1968年に執筆活動を開始し、「ルネサンスの女たち」を「中央公論」誌に発表。初めての書下ろし長編『チェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷』により1970年度毎日出版文化賞を受賞。この年からイタリアに住む。1982年、『海の都の物語』によりサントリー学芸賞。1983年、菊池寛賞。1992年より、ローマ帝国興亡の歴史を描く「ローマ人の物語」にとりくみ、一年に一作のペースで執筆。1993年、『ローマ人の物語Ⅰ』により新潮学芸賞。1999年、司馬遼太郎賞。2001年、『塩野七生ルネサンス著作集』全7巻を刊行。2002年、イタリア政府より国家功労勲章を授与される。2006年、「ローマ人の物語」第XV巻を刊行し、同シリーズ完結。2007年、文化功労者に選ばれる。2008-2009年に『ローマ亡き後の地中海世界』(上・下)を刊行。2011年、「十字軍物語」シリーズ全4冊が完結。2013年、『皇帝フリードリッヒ二世の生涯』(上・下)を刊行。2015年より「ギリシア人の物語」シリーズ全3巻の刊行を開始。

オリジナル数量限定送料無料

今だからこそ大きな単行本で通読してみませんか。


全15巻の完結から今年で10年。塩野七生の歴史巨編『ローマ人の物語』は、これまで単行本・文庫累計発行部数1150万部を超える大ヒット作品だ。「1000年の歴史を全15巻、全編書下ろしで15年かけて書く」という前代未聞の計画で、第1巻『ローマ人の物語Ⅰ ローマは一日にして成らず』が1992年に刊行された。古代ローマ史を神話時代から書き起こし、人間社会を冷徹な眼差しで描く筆致が話題を呼び、瞬く間にベストセラーに。そして2006年、「公約」通り最終巻『ローマ世界の終焉』を書き上げた。
原稿用紙にして1万枚以上を費やし生き生きと描き出されたローマ帝国の為政者たちの栄光と苦悩の物語。現代のリーダーたちを見るわたしたち日本人の目を、決定的に変えてしまったと言っても過言ではない。世界各地で現在まで幅広く読み継がれ、愛されてきたシリーズを、完結十周年の今年、全巻セットで一気に愉しんでみてはどうだろう。

※他の商品と同時に購入することはできませんので、予めご注意ください。

46,640円(税込)

ご注文受付後、10営業日程度で発送

注文数 :


商品在庫状況

価格在庫状況メッセージ
46,640円在庫あり

商品サイズ

【サイズ】
判型:A5判変型、全15巻合計幅:約44cm(1巻あたり2.9cm)
※箱入り

あしあとリスト:最近チェックした商品リスト

ページのTOPへ