商品検索

漱石絵はがきセット(6枚組)

■夏目漱石(1867-1916)
1867(慶応3)年、江戸牛込馬場下(現在の新宿区喜久井町)に生まれる。
帝国大学英文科卒。松山中学、五高等で英語を教え、英国に留学した。留学中は極度の神経症に悩まされたという。帰国後、一高、東大で教鞭をとる。1905(明治38)年、『吾輩は猫である』を発表し大評判となる。翌年には『坊っちゃん』『草枕』など次々と話題作を発表。1907年、東大を辞し、新聞社に入社して創作に専念。『三四郎』『それから』『行人』『こころ』等、日本文学史に輝く数々の傑作を著した。最後の大作『明暗』執筆中に胃潰瘍が悪化し永眠。享年50。

※画像は開発段階のサンプル写真です。
実際の商品と異なる場合がございますので、予めご了承ください。


■■重要■■
こちらの商品は、発送方法を宅配便かメール便からお選び頂けます。

<<メール便をご選択の場合>>
・料金はメール便で82円(税込)になります。
・投函後の紛失・不達時の保証が一切ございませんことをご了承下さい。
・配達員の手渡しではなく、郵便受け等への投函でのお届けとなります。

・目安として東京都から400km圏内は翌々日、400km圏以上は発送日を含め4日目のお届けになります。(離島・一部地域を除く)
・配達日時および曜日の指定はできません。
・着払いをご希望のお客様は宅配便をご利用ください。
・クレジットカード決済か後払い(コンビニ・銀行・郵便局)がご利用いただけます。
・お客さまのポストの大きさによって、多少つぶれてしまう事がございますので、気になられる方は、宅配便をご利用下さい。
・こちらの商品は1回のご注文につき最大2点が目安です。
※最大点数を超えた場合は、宅配便に変更させていただく場合があります。
その際は発送前にメールにてご確認をさせていただきます。

数量限定メール便OK

夏目漱石の直筆絵葉書の複製。


絵を描くのが好きだった漱石が、明治後期に起きた絵はがきブームの折にしたためた絵はがきが、2017年、新潮社関係者宅で新発見されました。この6枚は、明治37年12月から翌年2月、帝国大学で英文学を教える傍ら「吾輩は猫である」の執筆を始めていた漱石が、五高時代の教え子である田口俊一に描いたものです。
たいへん珍しい自画像のほか、西洋婦人などが描かれた水彩画は、繊細な色づかいでなかなかの腕前。添えられた文章もユーモアにあふれています。今回、この絵はがきセットを制作するにあたり、色も、現在より小ぶりのサイズも、現物と同じように再現いたしました。日本を代表する文豪をより身近に感じていただけましたらと思います。

※複数商品を同時にご購入頂いた場合は、発送時期の一番遅い商品に合わせてのお届けとなります。お急ぎの方は、お手数ですが別々にご注文頂きますよう、お願い申し上げます。ただし送料はその都度かかりますので、予めご了承ください。

1,296円

お届けの目安:ご注文受付後、4営業日以内に発送

注文数 :


商品在庫状況

価格在庫状況メッセージ
1,296円在庫あり

商品サイズ

【セット内容】漱石画の絵はがき6枚、解説はがき1枚
【サイズ】本体(1枚あたり):縦14×横9cm

あしあとリスト:最近チェックした商品リスト

ページのTOPへ