【418】バウハウスの積み木(スイス・ネフ)(週刊新潮紹介)

■■重要■■
不良品以外のご注文後のキャンセル・返品交換等は、一定条件を満たす場合を除き、基本的にはお受けできません。
予めご了承いただけますようお願いいたします。


※海外から輸入している商品の為、欠品する可能性がございます。
予めご了承いただけますようお願いいたします。

数量限定

週刊新潮で紹介のバウハウスの積み木!


建築家のヴァルター・グロピウスが、1919年、ドイツ・ワイマールに設立した総合造形学校バウハウス。ナチスの弾圧を受け33年には廃校となるが、後世に与えた影響は絶大だ。創立100周年にあたり再び注目が集まっているなか、嗜みたいのがこちらの積木である。
オリジナルデザインはアルマ・ジードホフ・ブッシャーによるもの。色鮮やかなパーツはシンプルな形ながら、組み合わせると、舞台装置のような美しい空間が生まれる。カエデ材のピースは軽く、表面がなめらかで、触っているだけで気持ちいい。着色の作業も含め、手がかかる生産工程を量産のレベルに引き上げたのはスイスのおもちゃメーカー「ネフ社」。童心に返るもよし、おしゃれにインテリアとして飾るもよし。大人を魅了する積木なんて、そうはない。

※複数商品を同時にご購入頂いた場合は、発送時期の一番遅い商品に合わせてのお届けとなります。お急ぎの方は、お手数ですが別々にご注文頂きますよう、お願い申し上げます。ただし送料はその都度かかりますので、予めご了承ください。

25,300円(税込)

お届けの目安:ご注文受付後、4~6営業日以内に発送

SOLD OUT

商品サイズ

【セット内容】22ピース
【素材】カエデ材
【重さ】約370g(箱込)

あしあとリスト:最近チェックした商品リスト

ページのTOPへ