商品検索

【126】まな板(日・白木屋)(週刊新潮紹介)

■■重要■■
在庫限り・特別価格での販売となり、不良品以外のご注文後のキャンセル・返品交換等は、基本的にお受けできません。
予めご了承の上、お買い求めください。


※天然素材の為、本体のお色や木目が画像と異なる場合がございます。

※素材を吟味して1点ずつ手作業で作られている為、サイズには若干の個体差がございます。

数量限定

週刊新潮で紹介のまな板!


表面をすっと撫ぜてみる。なんとも優しい木の温もりが伝わる。いちょうを使ったまな板である。いちょうは柔らかいのに包丁跡がつかない。包丁の減りもないという不思議な木なのだ。また包丁がまな板にすっと入り切り残しがない。プラスティックのまな板とはわけが違うのだ。
完成までに7~8年。その過程は、木を切る→3.5mmの厚みで製材→屋外で3年乾燥→あらかたの寸法に切り取る『木取り』作業→工場屋根裏で5年乾燥。木のクセを見ながらの木取り作業が一番難しく職人の腕の見せ所だ。丁寧な工程は20年経っても捻じれたり反ったり割れたりしないまな板を作る。全て手作業だからサイズも木の目も違うというのも嬉しい。

※複数商品を同時にご購入頂いた場合は、発送時期の一番遅い商品に合わせてのお届けとなります。お急ぎの方は、お手数ですが別々にご注文頂きますよう、お願い申し上げます。ただし送料はその都度かかりますので、予めご了承ください。

16,200円

SOLD OUT

商品サイズ

【名称】俎いちょう
【サイズ】(約)縦45×横27×厚さ3cm ※若干の個体差がございます

あしあとリスト:最近チェックした商品リスト

ページのTOPへ