【186】フリーグラス(日・北洋硝子)(週刊新潮紹介)

■■重要■■
在庫限り・特別価格での販売となり、不良品以外のご注文後のキャンセル・返品交換等は、基本的にお受けできません。
予めご了承の上、お買い求めください。

数量限定

週刊新潮で紹介のフリーグラス!


青森の伝統工芸品「津軽びいどろ」。宙吹きの技法で作る美しいガラス工芸である。1500℃という高温で溶融、さおに巻きとって息を吹き込み成型する。落ち着きのあるシックなモスグリーンの色合いは、かつて原料に津軽半島・七里長浜の砂を加えて溶かしたところ、美しい緑褐色が生み出されたところに由来する。
生産する北洋硝子は、自社で色の調合もするという特異な硝子工場だ。昔は漁網用の浮き玉を製造。北洋の製品は丈夫だと評判になり、国内トップの生産量を誇ったこともある。やがてプラスティックが普及し、ガラスの浮き玉は作られなくなった。が、培った技法を食器に応用し、見事な工芸品を作り上げた。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※こちらはフリーグラスです。
⇒ ワイングラスは完売しました
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※複数商品を同時にご購入頂いた場合は、発送時期の一番遅い商品に合わせてのお届けとなります。お急ぎの方は、お手数ですが別々にご注文頂きますよう、お願い申し上げます。ただし送料はその都度かかりますので、予めご了承ください。

1,320円(税込)

お届けの目安:ご注文受付後、4営業日以内に発送

SOLD OUT

商品サイズ

【サイズ】高さ90mm
【容量】270ml
【素材】ソーダガラス
【重さ】300g
【生産国】日本

あしあとリスト:最近チェックした商品リスト

ページのTOPへ