【482】博多織レザー長財布(日・近江屋)(週刊新潮紹介)

■■重要■■
不良品以外のご注文後のキャンセル・返品交換等は、一定条件を満たす場合を除き、基本的にはお受けできません。
予めご了承いただけますようお願いいたします。

数量限定

週刊新潮で紹介の博多織長財布!


和の伝統技術が見事にコラボ――。京都の和の総合商社・近江屋が、博多織の帯生地と牛革によって仕立てた、美しく贅沢な長財布である。博多織は、鎌倉時代に宋から持ち込まれ、その後、数百年の時を経て現在の姿にたどり着いた。経糸に緯糸を強く打ち込むことで、分厚く密な張りのある織り上がりとなるのが特徴だ。
今回の長財布に採用した生地は、そんな博多織の中でも希少性が高い、特別な調整を施した織機と絹糸を贅沢に使った琥珀織と呼ばれる種類。まるで薩摩切子のような立体的な幾何学模様は、光の角度によって様々な表情を見せてくれる。バッグからさりげなく取り出せば、シルクの光沢とふっくらとした風合いが存在感を放つ。中身の多い少ないに関係なく、羨望の視線が注がれるに違いない。

※複数商品を同時にご購入頂いた場合は、発送時期の一番遅い商品に合わせてのお届けとなります。お急ぎの方は、お手数ですが別々にご注文頂きますよう、お願い申し上げます。ただし送料はその都度かかりますので、予めご了承ください。

33,000円(税込)

お届けの目安:ご注文受付後、4~6営業日以内に発送

入荷調整中

商品在庫状況

カラー 価格在庫状況メッセージ
クリームグリーン 33,000円在庫なし
ネイビー 33,000円在庫なし

商品サイズ

【カラー】クリームグリーン、ネイビー
【サイズ】20×9.5×マチ2.5cm
【素材】外側:絹、牛革、内側:牛革、レーヨン
【仕様】札入れ×2、小銭入れ×1、フリーポケット×2、カード入れ×12

あしあとリスト:最近チェックした商品リスト

ページのTOPへ