遊べて学べる木製パズル らせん(日・そろはむ)(週刊新潮DM紹介)

販売価格
3,608

作って、遊べて、学べる動きのある木製パズル。

適度な難易度で誰にでも組み立てられる木製パズルである。レーザーカッターで精密に切り分けられたパーツをくみ上げた後は、物理の原理を学べる動くオブジェとして楽しむことができる。らせんのレールの上を、遠心力を働かせながら回転しつつ降りていき、穴に吸い込まれていく金と銀のボールたち……かと思うと歯車に運ばれ、上部からレールに戻ってくる……。電源がある限り、永遠にこの動作を繰り返す様は何とも言えない魅力があり、いつまでも見ていられそう。まさに“おうち時間”にぴったりのアイテムといえよう。別売りの乾電池か付属のソーラーパネルを電源として駆動する。

【サイズ】幅15×奥行き14.8×高さ12.2㌢(完成時)
【重量】185㌘
【素材】木材、プラスチック
【電源】単3乾電池×2(別売)、ソーラーパネル(付属)
【付属品】接着剤、シルバーボール ×4、ゴールドボール×4、ソーラーパネル×1
【生産国】中国(企画:日本)

21S-61

数量
お気に入りに追加