重要

谷内六郎『週刊新潮』中吊り広告原画一筆箋

販売価格
880

中吊り広告が廃止された今だからこそ、「昭和」の記憶が鮮やかに蘇る――。

谷内六郎は、表紙絵とは別に、電車内に掲示される中吊り広告のためにも絵を描き下ろしていました。その原画の比率をそのままに、どんどん小さくしていきましたら、一般的なサイズより少し横長の、一筆箋になりました。雑誌の見出し文字が上に載る前提で描かれた絵ですから、思いきり、その上に、言葉をしたためてみてください。6作品を6枚ずつ、計36枚を、塩ビ素材のスライダー付きポーチにセットしてあります。

206×73mm6柄×6枚ずつ(36枚)
重量:約75g

数量
お気に入りに追加