重要

数量限定

【572】宝石珊瑚の片手数珠[ピンク珊瑚](日・ケンセン35)(週刊新潮紹介)

販売価格
49,500

週刊新潮で紹介の珊瑚の念珠!

古くから仏教はもちろん、キリスト教、イスラム教といった世界三大宗教で、お守りとして扱われてきた珊瑚。こちらは宝石珊瑚で作られた片手数珠である。珊瑚と言えば、南の海の珊瑚礁が思い浮かぶが、宝石珊瑚は水深100㍍以上の太陽光の届かない海底に生息。数百年単位で成長した原木から作られる製品は、希少性がたいへん高いといえよう。しかも、珊瑚礁の珊瑚に比べ、人間の歯と同等の硬度があり、磨き直せばツヤが復活。親から子へ、子から孫へと代々受け継ぐことが可能で“ゆずり念珠”とも言われている。メーカーは、宝石珊瑚の加工が盛んな高知県で、30年以上に亘って天然珊瑚の仕入れから加工までを行っているケンセン35。宝石珊瑚はキズやヒビが多いものだが、今回はキズがほとんどない一級珠を厳選した逸品だ。

素材:赤=赤珊瑚(地中海産珊瑚)
ピンク=ピンク珊瑚(深海珊瑚)、正絹
サイズ:主珠=5.0㍉、内周=25㌢、房の長さ=10㌢
重量:約17㌘

数量
お気に入りに追加