重要

牡蠣の潮煮(7袋入り)(日・末永海産株式会社)(週刊新潮紹介)

販売価格
3,888

地元漁師に伝わる最高の調理法

スタンダードな食べ方なら、生でするするといただく。あるいは、フライにしてタルタルソースと一緒に――。当然いずれも申し分なく美味ですが、今回ご紹介するのは知る人ぞ知る「潮煮」です。宮城県、三陸の海で穫れた牡蠣を殻ごと炙り、ほとばしる潮ごといただくのが地元漁師に伝わる潮煮製法。じっくりと煮詰めることで身はふっくら。塩や水は一切使わないため、牡蠣本来の旨みが凝縮されて閉じ込められているのです。牡蠣のエキス100%の豪快な漁師メシがご家庭で味わえるのだからたまりません。加熱調理済みで、もちろんそのまま食べてもよし、アレンジも楽々で可能性が広がります。

〔レシピ〕
「牡蠣ととうもろこしのバター炒め」は、バターとの相性がいい素材のコラボレーション。おかずとしても、お酒のアテとしても大満足できること間違いなし。

【内容】100㌘×7袋
【賞味期限】冷凍で365日
【原産地】宮城県
【加工地】宮城県
【7大アレルギー】なし
------------------------------------------------
『おうちごはん』料理研究家 浜口恭子さん
PROFILE
料理研究家、フードアナリスト、フードスタイリスト。多くの飲食底のメニュー開発やTV番組のフードスタイリス卜として活躍する一方、専門学校のカフェビジネス科で教鞭を執る。
------------------------------------------------

数量
お気に入りに追加