重要

八つ割下駄(日・東京浅草 髙久)(週刊新潮DM紹介)

販売価格
15,180

底のしなりとソフトな感触で、究極の歩き心地


ソフトな履き心地で足によく馴染む。歩いてもしなる下駄底が足裏にピッタリと沿い、スニーカーのように歩きやすい。慣れない人が硬い下駄を履くのはなかなか難儀するものだが、この「八つ割下駄」ならその心配はご無用。
下駄台に片足で5つ、両足で計10の切れ込みを入れることで柔軟性が生まれ、楽に歩くことができる下駄なのだ。底部分は丈夫なゴム貼り加工が施されているから音も静かで、滑る路面でも安心だ。天板は、黒く染めた竹皮を編んだもの。丈夫で肌触りもひんやり心地よい。作務衣など和装ばかりでなく、洋装にもよく似合うから、ジーンズや短パンなどともあわせて気軽に履くことができる。浅草の老舗・髙久製。

【サイズ】25~27cm(Lサイズ相当)
【カラー】カラス、墨
【素材】天板:竹皮、台:桐、下駄底:ゴム
【重量】250g(片足)
【生産国】日本(東京都)

21S-22

※5月下旬より順次発送

商品在庫状況

カラー
数量
お気に入りに追加