津軽びいどろ 親ふくろう(日・石塚硝子)(週刊新潮DM紹介)

販売価格
11,000

伝統工芸士が手作りした、おおらかな姿のガラスのふくろう。


西洋では知恵・知識・学問・芸術のシンボルとして知られるふくろう。日本では「福」に通ずるほか、さまざまな字を当てられることから、縁起がよい鳥として近年人気が高まっている。当て字の一例を挙げれば、不苦労(苦労知らず)、福来(福が来る)、福籠(福が籠いっぱいに)、福老(幸福に年をとる)など、思わずあやかりたくなるようなめでたさだ。
その縁起物のふくろうを、青森県の伝統工芸士として認定された「津軽びいどろ」職人・篠原義和氏が、ひとつひとつ手作りしたガラス工芸品がこちら。クリア色の親子ふくろうは本カタログで過去に紹介し好評を得たが、今回は秋らしいアンバー色。金箔や色ガラスを重ね、ガラスが持つ丸みを生かしながら作り出された表情がなんともおおらかだ。玄関やリビングなどお好みの場所に飾れば、まるで家の守り神のように見守ってくれそうだ。塗りの木台と伝統工芸士の名前を記した木札が付属する。

※複数商品を同時にご購入頂いた場合は、発送時期の一番遅い商品に合わせてのお届けとなります。お急ぎの方は、お手数ですが別々にご注文頂きますよう、お願い申し上げます。ただし送料はその都度かかりますので、予めご了承ください。
■■重要■■
不良品以外のご注文後のキャンセル・返品交換等は、一定条件を満たす場合を除き、基本的にはお受けできません。
予めご了承いただけますようお願いいたします。
【サイズ】本体:最大幅8.5×奥行き7.8×高さ10.5cm 木台:15×10cm
【素材】本体:ガラス 木台・木札:木
【重量】900g
【生産国】日本
伝統工芸士が手作りした、おおらかな姿のガラスのふくろう。

お届けの目安:ご注文受付後、4~6営業日以内に発送
数量
お気に入りに追加