三面大黒天(日・MORITA)(週刊新潮DM紹介)

販売価格
38,500

秀吉の出世守り本尊をお手元に。


低い身分から天下人にまで大出世を遂げた英雄、豊臣秀吉は、生涯一体の像を大切に所持していたという。それが北政所(ねね)が秀吉を弔うために建立した高台寺の塔頭、圓徳院に今なお祀られる〝三面大黒天〟だ。大黒天・毘沙門天・弁財天の三天が一体に合体した珍しい尊像で、今も毎月3日の御縁日には、ご利益を求めて多くの善男善女が詰めかけている。事実同院に伝わる縁起には、“秀吉公が若い頃、三面大黒天の塑像を見、「自分がもし立身出世して名声を天下に伝えることができるなら微塵になれ。そうでなければ形を全うせよ」と念じて投げたところ、微塵となった。そこで大いに喜び仏師に命じて尊像を彫らせ、常に崇拝し天下を掌握するに至る”という記述があるという。
こちらは実物をほぼ原寸大で再現した複製像。一対一体、同院で開眼供養が施され、その証である開眼供養証明書と2枚の御札が付属する。

※複数商品を同時にご購入頂いた場合は、発送時期の一番遅い商品に合わせてのお届けとなります。お急ぎの方は、お手数ですが別々にご注文頂きますよう、お願い申し上げます。ただし送料はその都度かかりますので、予めご了承ください。
■■重要■■
こちらの商品は受注発注品となります。
ご注文後のキャンセル、返品交換等はお受けできません。
予めご了承いただけますようお願いいたします。
【サイズ】本体:幅10.5×高さ13×奥行き8cm 台座:幅14.2×高さ3.5×奥行き10cm
【素材】ヒノキ
【重量】本体:210g 台座:170g
【生産国】日本
秀吉の出世守り本尊をお手元に。

お届けの目安:ご注文受付後、2~3週間程度で発送
在庫切れ
お気に入りに追加