三色掛分 コーヒーカップ&ソーサー(日・長十郎窯)(週刊新潮DM紹介)

販売価格
3,300

秋らしい3つの配色のカップ&ソーサー。


色の違う3つの釉薬を掛け分けて焼き上げた波佐見焼のカップ&ソーサー。白と黒というシンプルでクールな色使いに、茶色が入ることでぬくもりをプラス。手作業で釉掛けするから、ひとつひとつ異なる表情を見せてくれる。
こちらのカップは小ぶりでコーヒーにちょうどよく、ソーサーは菓子皿や取り皿としても使用することができる。波佐見焼は長崎県の伝統的な陶磁器で、日々の生活で気取らずに使用できる食器で知られる。こちらの商品を手がけた長十郎窯は、土物の素材を活かした暖かみのある焼き物を作り続ける山あいの小さな工房だ。
ソーサーの釉薬掛けはこのように手作業。一つ一つ個性が出る。
釉薬を白→茶→黒の順に掛け分けるとこのような表情に。

※複数商品を同時にご購入頂いた場合は、発送時期の一番遅い商品に合わせてのお届けとなります。お急ぎの方は、お手数ですが別々にご注文頂きますよう、お願い申し上げます。ただし送料はその都度かかりますので、予めご了承ください。
■■重要■■
不良品以外のご注文後のキャンセル・返品交換等は、一定条件を満たす場合を除き、基本的にはお受けできません。
予めご了承いただけますようお願いいたします。
【サイズ】カップ:直径7.9×高さ5.8cm、ソーサー:直径13.7×高さ2.1cm
【素材】陶器
【重量】カップ:114g、ソーサー:134g
【お手入れ】食洗機不可
【生産国】日本
秋らしい3つの配色のカップ&ソーサー。

お届けの目安:ご注文受付後、4~6営業日以内に発送
数量
お気に入りに追加