友禅文庫 天溝がま口(日・林吾)(週刊新潮DM紹介)

販売価格
10,450

伝統の文庫革に手染めを施した天溝がま口。


純白の革に繊細な柄を染め上げた、優美ながま口財布である。もともと和服の帯の間に挿すために作られた、表から金具が目立たず薄マチの天溝口金を使用。お金を入れてもかさばりにくく、四寸五分という大きさもしっくりと手に馴染む。内部は3分割になっており、整理しやすく使いやすい。
使われる革は、皮革産業で知られる姫路でも稀少な文庫革。熟練職人が丹念に鞣した艶やかな白い革地は、白鷺城を思わせる。そこに舞う蝶や花の柄は、京都友禅の技法で手仕事により染め上げられたもの。優美なデザインは、まさに日本の伝統美を体現している。

※複数商品を同時にご購入頂いた場合は、発送時期の一番遅い商品に合わせてのお届けとなります。お急ぎの方は、お手数ですが別々にご注文頂きますよう、お願い申し上げます。ただし送料はその都度かかりますので、予めご了承ください。
■■重要■■
不良品以外のご注文後のキャンセル・返品交換等は、一定条件を満たす場合を除き、基本的にはお受けできません。
予めご了承いただけますようお願いいたします。
【種類】花、蝶
【サイズ】縦9.5×横13.5×厚さ1cm
【素材】表革:牛革(白鞣革)、内側:牛革/蝶:レーヨン(シャンタン)、花:綿
【生産国】日本
【重量】80g
【仕様】開閉:天溝がま口、内側:3分割構造
伝統の文庫革に手染めを施した天溝がま口。

お届けの目安:ご注文受付後、4~6営業日以内に発送

商品在庫状況

種類
数量
在庫切れ
お気に入りに追加