裁縫箱(日・箱長)(週刊新潮DM紹介)

販売価格
15,180

職人の手仕事が楽しめる、桐の木目込み裁縫箱。


愛らしい鈴の木目込みが目を引く、桐の裁縫箱だ。熟練の職人が数十種類の彫刻刀を用いて図案を彫り、正絹の着物地を木目込んでいく丁寧な手仕事。その柄はひとつとして同じものがない。時を重ねたような味わいの焼き桐仕上げの外観に、華やかな鈴の姿が調和している。
中は2段になっており、上段には仕切りとピンクッションが備えてある。糸や針など、細かいものの収納に便利だ。下段は仕切りのない大きなスペースで、ハギレなどの素材をしまうことができる。桐材ゆえに、大変軽量なのも特徴だ。明治7年創業、桐工芸の老舗・浅草箱長製。

※複数商品を同時にご購入頂いた場合は、発送時期の一番遅い商品に合わせてのお届けとなります。お急ぎの方は、お手数ですが別々にご注文頂きますよう、お願い申し上げます。ただし送料はその都度かかりますので、予めご了承ください。
■■重要■■
不良品以外のご注文後のキャンセル・返品交換等は、一定条件を満たす場合を除き、基本的にはお受けできません。
予めご了承いただけますようお願いいたします。
【サイズ】幅27.5×奥行き15.7×高さ17(持ち手を倒した状態)/21.5(持ち手を立てた状態)cm
【素材】桐材、正絹
【生産国】日本
【重量】550g
【付属品】ピンクッション
※天然木のため、木目・節目や色合いが多少異なる場合があります。
職人の手仕事が楽しめる、桐の木目込み裁縫箱。

お届けの目安:ご注文受付後、4~6営業日以内に発送
数量
お気に入りに追加