商品検索

阿川弘之全集(全20巻)(週刊新潮DM紹介)

■■重要■■
こちらの商品は受注発注品となります。
ご注文後のキャンセル、返品交換等はお受けできません。
予めご了承いただけますようお願いいたします。


今年8月、94歳で亡くなった阿川弘之氏。
戦時下の苦悩する青春群像を描く『春の城』、雲の彼方へ散った特攻隊員を悼む『雲の墓標』、『山本五十六』『米内光政』『井上成美』の海軍提督三部作など、氏の作品は戦争、そして自らが青春を過ごした日本海軍を主題に書き継がれてきました。あの戦争とはなんだったのか・・・。
戦後70年という節目の年だからこそ、その60余年の文業のすべてを集大成した全集を読み返すべき時ではないでしょうか。2007年完結のこの全集は、最後にして完全版といえるもので、永久保存版です。

【本全集の特色】
■阿川弘之氏の文業を集大成。
■著者本来の歴史的仮名遣いを、全巻にわたって採用。
■小説、評伝、エッセイに分け、それぞれを原則として発表年代順に収録。
■原稿には細部まで著者の丹念な彫琢が加えられています。
■各巻末には、ほとんどが単行本未収録の対談を収録。

■阿川弘之(あがわ・ひろゆき/1920-2015)
広島市生まれ。1942(昭和17)年、東大国文科を繰上げ卒業し、海軍予備学生として海軍に入る。戦後、志賀直哉の知遇を得て師事。1953年、学徒兵体験に基づく『春の城』で読売文学賞を受賞。同世代の戦死者に対する共感と鎮魂あふれる作品も多い。芸術院会員。主な作品に『雲の墓標』『舷燈』『暗い波濤』『志賀直哉』のほか、『山本五十六』『米内光政』『井上成美』の海軍提督三部作がある。

オリジナル数量限定送料無料

終戦70周年という年だからこそ、揃えたい全集。


活字離れが叫ばれ、古色蒼然たるイメージの「文学全集」がベストセラーリストに載らなくなってどれくらい経つでしょう。全集は昭和中期にブームを迎え、ピーク時の昭和46年には57シリーズもの新規全集が発売されていましたが、現在の販売量は当時の100分の1以下。しかしここへきて近年、発行部数が徐々に上向きつつります。かつては忙しく読む時間を割くこともできなかった世代が、「書棚の飾り」ではなく、実際に読むために購入する例が増えているのだといいます。ただ近年、全集コーナーのある書店はほとんど無く、購入もなかなか手間がかかるもの。
そこで新潮社では自社刊行の全集を気軽に購入いただけるよう、通販でもお届けするようにいたしました。今回、その第一弾として去る8月に亡くなった阿川弘之氏の全集を皆様にお届けします。美麗な装幀、徹底した校閲。定評ある新潮社の全集の通販にご期待ください。

※他の商品と同時に購入することはできませんので、予めご注意ください。

104,544円

お届けの目安:ご注文受付後、10営業日程度で発送

注文数 :


商品サイズ

【サイズ】
判型:四六判変型(箱で1冊あたり)約横14.8×縦20.4cm
全20巻合計幅:約83cm(1巻あたり)約4.15cm

あしあとリスト:最近チェックした商品リスト

ページのTOPへ