【487】蒸気エンジン発電模型(独・ヴェルヘルム・シュレッダー)(週刊新潮紹介)

■■重要■■
こちらの商品は受注発注品となります。
ご注文後のキャンセル、返品交換等はお受けできません。
予めご了承いただけますようお願いいたします。

数量限定

週刊新潮で紹介の蒸気エンジン発電模型!


世に広まって250年余り。今や、地方の鉄道などでしか目にする機会のない蒸気機関だが、人類の発展に多大な貢献を果たしたのは言うまでもない。その偉大な発明品を家庭で体験できるのが、この「蒸気エンジン発電模型」。ドイツの老舗メーカー「ヴェルヘルム・シュレッダー」社の逸品だ。
固形燃料でボイラーを焚くと、水量窓のガラス越しに沸騰した内部の様子が見える。圧力が高まったところでバルブを開栓、手で弾み車に勢いを付ければ、シリンダーとピストンがダイナミックに動き始め、発電スタート。煙突からは湯気が立ち上り、手動で汽笛を鳴らすことも可能。発電機によって生じた電気が街頭を点灯させることで、発電の仕組みを理解するのにも役立つ。クリスマスは、家族でちょっとしたお勉強会!

※複数商品を同時にご購入頂いた場合は、発送時期の一番遅い商品に合わせてのお届けとなります。お急ぎの方は、お手数ですが別々にご注文頂きますよう、お願い申し上げます。ただし送料はその都度かかりますので、予めご了承ください。

72,600円(税込)

お届けの目安:ご注文受付後、2~3週間で発送

注文数 :


商品サイズ

【サイズ】(約)全長35×幅29×高さ32cm
【素材】ボイラー:真鍮、土台・煙突:スチール、回転部分:アルミダイキャスト
※付属品:注水じょうご、スパナ工具、潤滑油、固形燃料、手袋

あしあとリスト:最近チェックした商品リスト

ページのTOPへ