水牛デザインペンダント(日・グランシフォレ)(週刊新潮DM紹介)

販売価格
15,000

ベトナムの職人技と、日本の老舗ジュエリーメーカーの匠のコラボ。

日本では野生環境に棲息しない水牛だが、その角は古くから輸入され、櫛や日本刀の拵えの素材として使われてきた。中でも印鑑の材料として知られてきたが、その美しい色合いや質感から、近年ではアクセサリーの素材としても注目されてきている。こちらは山梨県の老舗ジュエリーメーカーが、原料の産地であるベトナムの熟練職人とコラボして生み出した、水牛の角を使ったペンダントである。ペンダントトップには繊細な透かし彫りを施し、ネックレス部分は様々な天然石を組み合わせシックなデザインに仕立てた。ペンダントトップは着脱が可能だから、ネックレス単体でも、手持ちのネックレスを合わせても楽しめる。

【サイズ】[トップ部]縦6.2×横5.7×厚さ0.3㌢[ネックレスの長さ]70㌢
【重量】25㌘
【素材】[ベージュ系]水牛の角、シェル、水晶、茶水晶、淡水養殖真珠、ヘマタイト、真鍮(ロジウムメッキ)[ブラック系]水牛の角、オニキス、茶水晶、シェル、真鍮(ロジウムメッキ)
【仕様】マグネット式留め具
【生産国】日本
※自然素材を使用している為、1点ごとの色合いや形状、模様等が若干異なる場合がございます。
※ネックレスの留め具に、磁石を使用している為、ペースメーカー等の医療電子機器を装着されている方はご使用になれません。

21S-49

商品在庫状況

カラー
数量
お気に入りに追加